麻薬的美味・青山「糖朝」のスイーツ

ここしばらく多忙なわりに空しい日々だったもので、カミさんのリクエストもあり青山「糖朝」へ逃避してきました。

今回は17時頃に行ったんですが楽勝で席は空いていました(当然平日ですよ)。早めのお食事という感じで3時間くらいいたんですが、混み始めたのは19時くらいからでした。

ここのお店は雰囲気が好きですね。各テーブルの間がビーズ状ののれん(っていうのか?)で仕切られていて、密閉感はないけどプライバシーはあるというあたり。女性ひとり雑誌を読みながら、というようなお客さんが多かったような気がします。ぜいたくな時間の過ごし方をされていてうらやましいです。

こっちは逆上ヤケ食いのつもりだったんですが、お店の雰囲気ですっかり気分も和らぎ、まずはロンジン茶(500円・お湯の追加は随時・価格は税別)と前菜盛り合わせ(900円)

前菜盛り合わせ

メロンとキウイと、海老withサワークリーム、チャーシュー、揚げシメジなどなど。

続いて蝦入り腸粉(600円)とチャーシュー入り鰻頭(400円)。

蝦入り腸粉(600円)とチャーシュー入り鰻頭(400円)

鰻頭をふたつに割るとこんな感じ。

鰻頭

鰻頭の生地自体もほのかに甘みが感じられる上に、中のチャーシューも甘く煮てあります。醤油味枠ではなく、スイーツ枠に入れてあげてください。

次はもち米マニアのアナタに中華ちまき(300円)。

ちまき

写真では見えませんけど、中にごろんと椎茸と鶏肉が入っています。もち米部分の味が薄めで、おなじひとつのちまきの中でも、「鶏肉付近」「椎茸付近」「そのほか」でそれぞれ味(というか香りですかね)が違って楽しめす。

あ、そうだ。腸粉に関してはひとつ提言しておきましょう。取り分け用にスプーンがついてくるんですが、こんな感じでぐたーっとなってしまうんです。

腸粉

形を崩さずに腸粉をひとつするっとすくえる「腸粉用スプーン」というのはどこかにないものか。

お次は麺です。セロリー麺(800円)。

セロリー麺

香港の細麺に、豚肉の細切りとセロリのとろみのあるスープの組み合わせ。これまたセロリの香りが適度に和らいでいておいしいです。

今回思ったんですけど、このお店に行く時は「和らぎ」「香り」がテーマになりますね。いわゆる「アジアン」「エスニック」で総称される刺激的な味とは対極にある、やさしい味と香りで満足させてくれる。平和主義的なおいしさです。

そんなことを考えつつデザート。

豆腐花杏仁汁粉がけ

これはカミさんの選んだ豆腐花杏仁汁粉がけ(550円)。杏仁豆腐のあの香りのする汁粉のかかった豆腐花です。

マンゴ入り豆腐花

そしてこれ、「マンゴ入り豆腐花」700円。まわりのもやもやはドライアイスの煙。

セロリー麺まででも充分幸せだったんですけれど、最後に来てこれ最強の美味です。これは絶対おすすめです。

まず表面のシロップをすくって味わっててくさい。やさしい甘みを感じましょう。

つづいて豆腐部分とシロップをあわせて食べてみましょう。豆腐自体は素朴で、押しつけがましくない大豆の味。のどごしも軽く、シロップの甘みとのバランスもよく、するっと吸い込まれていく。

そして三口目でこまかく切れ目の入ったマンゴの一片と豆腐、シロップをまとめて口に運ぶと、「!!」パーッと一気に脳内麻薬が拡がります。ホントに何か入ってるんじゃないかと思うくらいの多幸感。

700円とほかの甘味メニューにくらべて高めですが、ぜひ試していただきたい! 


クリック募金でちょっといいこと。(クリック募金とは?)

【クリック募金】ずっと地球で暮らそう。(コスモ石油)

【クリック募金】2005年スペシャルオリンピックス支援(味の素)

【クリック募金】アフガンやアジアの子どもたちのために(価格.com)

こんなネタもどうぞ:


2 Comments

Yu Love ☆Cafe & Sweets☆ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です