ネットラジオレコーダーの不具合とその解決(2017年1月)

久々のラジオネタであります。

最近のラジオエアチェック生活

長い間ハードウェアとしてのラジオ録音機使ってきた私ですが、2年くらい前からは、ネットラジオレコーダー[ging.co.jp]というソフトを使って、radiko経由で録音してます。これ、MacでもWinでも使えて、最新版だと2番組同時録音とかもできて、っていうことは、オールナイトニッポンとJUNKを両方録れたりするわけで、非常に便利。

日々Macの中で番組録音済みファイルが貯まっていき、たまにiTunesに読み込ませてiPhoneに同期して、聞き終わったものを消す、という作業を2-3週に1回くらいやってます。(なので、けっこう昔の放送分を聴いてたりする)

このソフト、ダウンロード販売で4,000円弱と、ハードで録音機買うこと考えたら激安。おすすめです。

ネットラジオレコーダーの強制終了問題

で、今年に入って(1月12日)メーカーから「大幅機能アップのお知らせ」というメールが届いて、こまごました再生機能が強化されたらしいので(iTunesに入れちゃうから個人的にはあんまり関係ないんだけど)、アップデートしてみたと。

そして数週間後、同期すんぞ、と録音済みファイルの保存フォルダを開けてみると、その1/12を最後にいっさいの録音ファイルが追加されていない。

ネットラジオレコーダーを起動させ、設定を確認すると、特におかしなところは見られない(常に立ち上がってるアプリなので、あらためて起動する時点でおかしいんだけど)。

試しに、数分後に始まる番組とかを予約しておいて、あとで確認すると録音できていない。ログを見ると「終了しました」のエラー。

そのままリアルタイムでラジオが聴けるかと再生ボタンをクリックすると、いきなり何のエラーもなくストンと強制終了。起動し直して、「接続テスト(←という機能がある)」をするとまた強制終了。

どうも、設定まわりは問題ないけど、ラジオを受信しようとした瞬間落ちてるみたい。予約録音の時も、録音開始の瞬間に落ちてたんでしょうな。

ライブラリのplist削除して再起動とかしてみたけど状況は変わらず。

GINGのサポートに状況とMacOSのバージョン(10.11.6)とインストールしてあるネットラジオレコーダーのバージョンを知らせたところ、ダウンロードファイルを送っていただき、再インストールしてみてくれと。

が、状況変わらず。

サポートに「ダメでしたー」と連絡すると、再度ファイルが。

今度は解決。

これがいま問題なく動いてるバージョン。

ネットラジオレコーダーのバージョン表示

結局何がどうよくなかったのかわからないんですが、直りました。GINGさんありがとう。

こんなネタもどうぞ:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です