ソニッケア(sonicare)の替えブラシの重要性

最近甘いものを食べ過ぎだからというわけでもありませんが、今回は歯ブラシの話。

ここ4年くらい、歯みがきにソニッケア(sonicare)を使っているのです。

最近でこそ「超音波」をうたった電動歯ブラシは多いですけど、ソニッケア(ソニケアと言っていた時期もあったような)はその先駆けでしたね。当時1万数千円もする電動歯ブラシを買うのはけっこう勇気がいったものです。

sonicareソニッケアナショナル・ブラウン・オムロンあたりの参入によって、だいぶ販売価格の相場は下がってきたみたいですけれど、いまアマゾンで電動歯ブラシの売れ筋を見ると、割高に見えるソニッケアが2位にいるので、いまだに評価が高いということなんでしょう。

ソニッケアをはじめて使った時の感動は忘れられませんね。とにかく歯がツルツルになるんです。最初の2週間は「イージースタート」といって、ブラシのパワーが弱い状態からだんだん強くしていく設定になっているんですが、それでも歯ぐきにつたわる振動がくすぐったくてしょうがありませんでした。そのくすぐったさに耐えて、なんとか2分間磨き終えて、舌先で歯の表面を確認すると、もういままでの歯みがきはなんだったのかと思うくらいの滑らかさ。それまで別に歯みがきをサボっていたつもりもなくて、半年に一度の歯科検診でも「よく磨けてますね」と褒められるくらいの自分だったんですが、ソニッケアには参りました。

逆に、磨けていない(ブラシが当たっていない)ところのザラザラ感が際立つので、2分磨いた後に舌先で確認→もう1分くらい磨きなおし、というのが通例になっています。

で、今回の本題はそのソニッケアの替えブラシ。

ソニッケアの替えブラシ替えブラシのパッケージには「6ヶ月持ちます」と書いてあるので、1年くらい放っておいたんです。たまに漂白すれば見た目は変わりありませんしね。

なんとなく「そろそろ取り替えないといけないなあ」とは思っていたものの、ハンズとか家電量販店とか、だいたいどのお店行っても同じ値段なんですよね。(ポイントもあんまりつかない)

意外なところでアマゾンがこんな消耗品にまで「Amazon.co.jp = ロープライス」の最安値保証(注:この記事を書いた当時はそういうのがあったんです)を仕掛けていて、送料も無料なので買って取り替えたんです。そうしたら歯垢の除去力が一気に復活。いや、それまでそんなに不満に思っていたわけではないですけれど、換えてみて「あ、実はパワーが弱ってたんだ」と気づくわけです。なつかしのツルツル感が戻ってきましたよ。

というわけで、電動歯ブラシをお使いのみなさま、見た目は変わらなくてもブラシは弱ってますから、ちゃんと定期的に交換するようにしましょうね。


クリック募金でちょっといいこと。(クリック募金とは?)

【クリック募金】シルクロードに緑を(コスモ石油)

【クリック募金】ギニアの森づくり・土づくり(味の素)

【クリック募金】盲導犬の育成を支援しよう(価格.com)

こんなネタもどうぞ:


2 Comments

たに にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です