TalkMasterちょっとヤバい? サンヨーのHDD音楽レコーダーHDP-M3000

DIPLY MUSIC
9月29日のニュースリリースで、三洋電機がハードディスク&FMチューナー内蔵のポータブル音楽プレーヤーを発表しました。発売は11月21日で、実勢価格は29,800円前後とのこと。

内蔵されているハードディスクは6GB。タイマー録音も可能。録音ファイルはMP3形式。CDなど通常のオーディオ機器のアナログ出力から録音することも可能。「パソコンがいらないiPod」として売りたいみたいですが、視点を変えれば「AMのついていないTalkMaster」でもある。

細かく見れば、AMがついていないだけじゃなくて、タイマーが複数系統ないとか、MP3の再生速度調整ができないとか、いろいろ足りない点もあるのでTalkMasterの直接対抗にはなっていないんですけど、もちろんサンヨーがその気になれば作れないワケじゃないでしょう。

で、片やTalkMaster128MBタイプで27,800円。片やハードディスク6GB付きで29,800円。TalkMasterと同程度のAMチューナーとタイマーつけてもせいぜいプラス5,000円くらいじゃないでしょうか。サンヨーが参入したら競争が始まっていろんなアイデア商品が出てきそうな気がするんですけど。

三洋電機のみなさんどうでしょう? 34,800円くらいでAM/FMチューナー内蔵、タイマー20プログラムを追加するというのは。ついでにBluetoothとかワイヤレスUSBとかWi-Fiとかのネットワーク機能をつけてくださってもいいですよ(^_^;)。

(以下、広報という点でいくつか。)

  1. この製品、愛称はDIPLY MUSIC(ディプリミュージック)。音だけで聴くとどうしてもdupli(cate) music(音楽を複製する)なんですけど。JASRACとかから圧力かからないんですかね?
  2. しっかし、悪文リリースですなあ。

    「PCがなくても好きな音楽を録音できればもっと自由に音楽をもちだせるのに」ということを開発コンセプトに

    それってコンセプトか?

  3. 新ビジョン「Think GAIA」に関する段落もむりやりな感じがするなあ。リリース文に関してものすごく社内の思惑がからんでいるんでしょう。

    事業部担当「このリリース出してくださいよ」
    広報担当「こんなヘボな商品(または文章)でリリースなんか出せるかボケ」
    事業部担当「部長、断られました」
    事業部部長「バカ! 無理にでもねじ込んでこい」
    事業部担当「先輩、どうしたらいいですかね?」
    事業部先輩「社長肝いりで進めてる『Think GAIA』の一環ってことにしちゃえよ」
    事業部担当「広報さん、これ社長の例のアレの一環なんですよ」
    広報担当「ウソつけ。LOHASとこの製品と何の関係があるんだ」
    事業部担当「だからアレがこうしてそうして何だから・・(コリクツを小一時間)」
    広報担当「うーん、じゃ、前例に従って全社で入れてもらってるこの2段落入れといて」
    事業部担当(・・・ったく広報は、商品売る気ないのかよ)
    広報担当「広報部長すいません、私はいったん断ったんですけど、社長がどうしてもというので全社ブランド施策に基づいて社内整理については私がなんとかしておきました。まったく事業部と来たらねえ・・・」

    みたいな不毛なやりとりがあったんじゃないかと。

こんなネタもどうぞ:


2 Comments

パソコン・通信・AV製品リアルタイム価格情報 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です